Jewelry
誕生石について

 

1月生まれ2月生まれ3月生まれ4月生まれ5月生まれ6月生まれ
7月生まれ8月生まれ9月生まれ10月生まれ11月生まれ12月生まれ

April 4月生まれ:DIAMOND〜ダイヤモンド
石言葉・星座
不屈、純潔、清浄、無垢、恋、永遠の勇気

しし座、牡羊座
色・産地
無色、黄、青、緑、オレンジ、ピンク、赤、褐色 インド、南アフリカ、ブラジル、シベリア、タンザニア

語源
ギリシャ語のアダマス(征服されざるもの)、和名では仏典の「金剛不壊」に由来し、何者にも侵れない強さ、硬さを意味する。

由来
1456年、オランダの宝石職人ペルケムがダイヤの研磨方法を発見。彼は雇い主の娘に恋し、結婚の条件であるダイの研磨に悩んだ末、ダイヤ同士を擦り合わせた。キューピットの恋矢の先にはダイヤがついていたと言われるが、恋の力によってダイヤが輝きはじめたといっても過言ではないだろう。
ダイヤモンドを「まるで叫び出す位に美しく輝き」と表現したのは、かの宮沢賢治。
日本人がはじめてダイヤを見たのは1666年だが、持ち込んだオランダ商人は買い手がつかずに持ち帰ったとか。

ジェムメッセージ
地球上でもっとも硬い物質で、それを婚約指輪にすると二人の愛の絆がダイヤより固くなるとされる。宝石の中でも最高のエネルギーを持ち、有名なホープダイヤが生んだ悲劇も、このエネルギーと無縁ではないようだ。

コーディネート
グレーのロングタイトスーツに、インナーは赤いタートル。襟元にはダイヤとプラチナのブローチをさりげなく。もちろん白いブラウスでもお洒落。