SHIMOMURAブランド名鑑〜パテック フィリップ編〜 PATEK PHILIPPE
パテック フィリップの歴史〜比類のない精度、完璧を追い求める人間と機械
パテック フィリップTOP パテック フィリップの世界 パテック フィリップの歴史 パテック フィリップ 公式サイト

パテック フィリップ社の誕生


パテック フィリップの歴史は、ポーランド生まれのアントワーヌ・ノルベール・ド・パテックが亡命先のジュネーブで高級懐中時計の製作をはじめたとき、幕を開けました。

品質を何よりも重視した彼の製品はやがて多くの顧客を獲得し、成功に勇気づけられた彼は、同じポーランド移民で有能な時計師のフランソワ・チャペックと共同で最初の会社、《パテック,チャペック社》を1839年5月1日に設立しました。

6名の工員からスタートしたパテック,チャペック社の製品は、当時から美的な探究と技術的な巧妙さが融合された、まさに完成された境地に達していました。

その後、発明の天才ジャン・アドリアン・フィリップとアントワーヌ・ノルベール・ド・パテックとの巡り合いにより、パテック,チャペック社は、《パテック フィリップ》(Patek Philippe & Cie)と改め、世界の時計製作を大きく進歩させ歴史にその名を残すこととなったのです。


パテック フィリップと日本


パテック フィリップの「販売台帳」によれば、日本との取引開始は1867年に遡ります。
同年開催されたパリ万国博覧会に出席するため渡欧した徳川昭武は、ジュネーブを訪問した際、次の3個の時計を購入しています。

「両蓋竜頭巻上げ懐中クロノメーター(イエローゴールド)」
「両蓋竜頭巻上げ懐中<アラーム付>(イエローゴールド)」
「オープンフェース竜頭巻上げ懐中時計(ローズゴールド)」
ちなみに、徳川昭武は第十五代将軍、徳川慶喜の実弟にあたり、渡仏時は14歳でした。

また、パテック フィリップの著名顧客名簿によると、大正天皇、昭和天皇がパテック フィリップをご愛用になっておられたと記されており、さらに今上天皇もご購入になられています。


著名人が愛したパテック フィリップの名品


パテック フィリップほど、著名人に愛されている時計はありません。限られた人々しか時計を所有できなかった時代から、すでに多くのパテック フィリップ愛用者がいました。

1851年 ヴィクトリア女王が竜頭巻上げ・時刻合わせ式18金ペンダント・ウォッチを購入。
1895年頃 マリー・キューリーがジュネーブ芸術協会からペンダント・ウォッチを授与される。

輝かしい未来を約束する偉大な伝統と遺産


1996年パテック フィリップは世界でもっとも先端的な時計製作センターをジュネーブ郊外のプラン・レ・ワットに建設しました。この新しい時計製作センターは、創作デザイン、設計、製造、検査、ロジスティック、マーケティング、コミュニケーションなど全ての活動を統合したパテック フィリップの本社工場です。

またパテック フィリップは、二十世紀最後の10年間を通じ、ゴンドーロ・コレクションとTwenty-4コレクションという2つの新しいコレクションを生み出しました。

そして、西暦2000年という新しいミレニアムの到来にふさわしいユニークピースを創作するという、未曾有であると同時に勇気のいる挑戦は、時を最も詩的に表示することを目指したマスターピース「スターキャリバー2000」を誕生させました。

2003年、パテック フィリップは、プラン・レ・ワット本社工場にほど近いペルリーにケース・ブレスレット工房を移転(スイス)。2006年にはパテック フィリップ・ジュネーブ・サロンが改装オープン(スイス・ジュネーブ)いたしました。

2009年、パテック フィリップは約120年間にわたるジュネーブ・シールへの関わりに終止符を打ち、ジュネーブ・シールからパテック フィリップ・シールに移行を開始しました。パテック フィリップ・シール創設の目的は、パテック フィリップのタイムピースが誇る卓越性の基礎をなすすべての要素の究極のクオリティを世界に知らせ、これを保証することです。パテック フィリップは、1839年の創業以来製作されたすべてのタイムピースのアフターサービスと修復を保証します。

2014年、ジュネーブ・プラン・レ・ワットのパテック フィリップ本社にてパテック フィリップ創業175周年記念イベントが挙行されました。この式典で創業175周年記念タイムピース、および創業175周年を記念する希少なハンドクラフトを体現するタイムピース・コレクションがベールを脱ぎ、多くの愛好家・コレクターを魅了しました。

参考;PATEK PHILIPE  GENEVE
    Beyond Generations-世代を超えて-
 
下村時計店 HOME