SHIMOMURAブランド名鑑〜A.ランゲ&ゾーネ編〜 A.ランゲ&ゾーネ
A.ランゲ&ゾーネの世界〜比類のない精度、完璧を追い求める人間と機械
A.ランゲ&ゾーネ・コレクション A.ランゲ&ゾーネの4つの特徴  A.ランゲ&ゾーネの歴史 下村時計店HOME
A.ランゲ&ゾーネの歴史

時を遡れば300年の昔

ランゲ&ゾーネの歴史は、古くは強王アウグスト時代のザクセン宮廷にまで遡る、ある時計師一族の歴史でもあります。1845年、アドルフ・ランゲは、華やかな宮廷の生活をなげうって、貧困が深刻になっていたエルツ山地の復興を目指し、グラスヒュッテの町に時計製造業を興しました。これが、高い精度を誇るザクセン時計の始まりです。

>> グラスヒュッテで創業

フェルディナンド・アドルフ・ランゲ

A.ランゲ&ゾーネ伝説の誕生

アドルフ・ランゲはリヒャルトとエミールという二人の息子に恵まれ、父親譲りの才能で優れた時計師へと成長した彼らは、会社の運営と技術開発を引き継ぎ、ブランド名"A.ランゲ&ゾーネ"(=A.ランゲと息子たち)が1868年に誕生しました。やがてランゲ一族は、最高水準の技術で世界の時計業界をリードするようになり、"A.ランゲ&ゾーネ"の銘が刻まれた時計は世界中で羨望の的となります。

>> 二代目の時代 栄光への道のり

皇帝ヴィルヘルムの懐中時計

動乱の時代

しかし、時代は第一次世界大戦、そして世界恐慌と動乱期を迎えます。長年培ってきた極めて高い技術力や評価により何とかそれらの危機を切り抜けたA.ランゲ&ゾーネですが、ついに第二次世界大戦で本社工場は全壊、さらに1948年4月、東ドイツの共産政権により会社は国有化され、遂に"A.ランゲ&ゾーネ"は、伝説のブランドとなってしまいました。

>> 三代目の時代 動乱期

かつてのランゲの本社工房

新生ランゲ元年

それから50年の時を経て、情勢が急変しました。東西ドイツ統合へと大きく動いていったのです。そして遂に、東西ドイツが統一された1990年、アドルフ・ランゲの曾孫にあたるウォルター・ランゲはグラスヒュッテに戻り、ランゲの時計製造技術を復活させることに見事成功したのでした。

>> カムバック

ドレスデンの王宮にて復活後初となる新作発表会
 
下村時計店TOP
 
 
A.ランゲ&ゾーネ公式サイトへ